平成17年11月姉歯設計士による構造設計偽装事件発覚後、建物の安心・安全が強く叫ばれ、建築士法の改定と共に構造設計一級建築士の創設と厳罰化が制定されました。建築構造設計者を取巻く環境の悪化の改善と構造設計技術者の資質、技術力の向上に努め、一般県民の方々が安心して利用できる建物の設計や現存する建物の耐震性の診断、地震や強風により建物が壊れないように建物の補強を施す設計を行うことで、被害者を出さないようにすることが大切かと思います。当構造協会は、より安全で安心できる地域社会への構築に向けて貢献していく事を目標としています。




一般社団法人 群馬県建築構造設計事務所協会
本記事についてのお問い合わせはこちらから